バーチカルブラインド NORMAN® バーチカルブラインドの
取り付けタイプ、操作方法、
取り扱い説明書やお手入れ方法について
ご案内します。

バトンタイプ

バトンタイプ

※寸法や価格などの仕様は、品質改等に伴い予告なく変更することがありますので、予めご了承ください。

取り付け位置別 設置条件・採寸方法・取り付け方法

【 製品名 】は取り付け位置によって設置の条件や採寸の注意点、取り付け方法が変わります。
カスタマイズご検討の際は、まずこちらの情報を参考にしてください。

窓枠天井付け(浅天井付け)・鴨居付け

窓枠天井付け(浅天井付け)・鴨居付け

設置条件:
PDF(0.77MB)
採寸方法:
PDF(1.46MB)
取り付け方法:
PDF(3.39MB)

壁面付け

壁面付け

設置条件:
PDF(0.99MB)
採寸方法:
PDF(1.69MB)
取り付け方法:
PDF(0.86MB)

カーテンボックス付け

カーテンボックス付け

設置条件:
PDF(0.45MB)
採寸方法:
PDF(1.82MB)
取り付け方法:
PDF(0.79MB)

よくあるご質問

採寸、特に高さを測るときに気を付けることはありますか?
快適な使用のため、全取付タイプ共通で、スラット下端から床面(または干渉物)の間には13mm以上の隙間が必要です。腰窓は5mm以上の隙間が必要です。
奥行はどのくらい必要ですか?
下記図をご確認ください。
スラットを1枚だけ再製作することはできますか?
当製品を購入した方のみ可能でございます。お電話または、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
スラットの一部が正しくない向きになり、直らなくなってしまいました。これは故障ですか?
これは障害物や何らかのはずみで回転機構部の停止位置にバラつきが起きたと考えられますが、故障ではありません。下記手順で元に戻すことが可能です。
図のような左寄せの製品で閉合不良がある場合、一度バトンを最大限右に回します。その後、力を入れて回し込み5~6回程度カチカチ音がするまで回したのち、左に回します。これでバラつきが解消したか様子をみてください。
同様に右閉合にバラつきがある場合は、バトンを一番左まで回したのち、力を入れて回し込みます。5~6回程度カチカチ音がしたら右に戻し、バラつきが解消したかご確認ください。