ローマンシェード取付タイプのご紹介|採寸方法|取付方法 よくある失敗事例

  • 特長・デザイン
  • レビュー
  • カラー
  • 仕様
  • 採寸/取付
  • 価格表
カスタマイズ・見積もり

採寸の準備

サイズを測る際に「メモ用紙」「ペン」「メジャー」をご用意ください。

※新築等の図面上サイズでご注文いただきますと、実際の窓枠に収まらないなどトラブルの原因となります。必ず実際の窓枠サイズを採寸後、ご注文下さい。

採寸時のご注意

窓は見た目に同じでも、1ミリ単位でサイズが異なっている場合があります。取付け対象となるすべての窓を採寸してください。

窓枠天井付け(窓枠/障子戸の内側に取付けること)

図

製品寸法は幅、高さとも窓枠の内側寸法を両端から
正確に測ってください。

※窓枠の歪みにより、窓枠上部幅と下部幅に数ミリの誤差が生じ、製品が設置出来ない場合がございます。窓枠上部、下部の2か所の幅を採寸していただき、小さい方のサイズにてご注文ください。
図

製品幅は窓枠の内側寸法を測ってください。
製品高さは窓枠の内側から床まで測ってください。

※窓枠の歪みにより、窓枠上部幅と下部幅に数ミリの誤差が生じ、製品が設置出来ない場合がございます。窓枠上部、下部の2か所の幅を採寸していただき、小さい方のサイズにてご注文ください

採寸は、幅、高さとも窓枠の内側寸法を何も引かずに、そのままピッタリ正確に測ってください。

窓枠内に収まるよう商品に合わせ、工場にて片側3mm引いて製作します。(幅のみ)
取付け時の窓枠と生地の隙間はローマンシェードの場合、片側約3mmとなります。

間仕切りとしてご利用の場合(天井付け)、天井の強度が足りず設置できない場合がございます。
必ず下地が木材の野縁部分であることをご確認くださいませ。

大きな窓に設置する場合は、台数を分け、並べて設置してください。

台数を分けて設置する場合は、窓サッシを境にすると見栄えも良くなります。
採寸方法は1台の時と同様、設置個所の窓枠内側の寸法を測ってください。
そこから幅を台数分で割ったサイズがご注文サイズとなります。

商品に合わせ、工場にて1台あたり片側3mm引いて製作します。(幅のみ)

取付け時の隙間はローマンシェードの場合、片側(窓枠と生地)約3mm、
2台の間(生地と生地)は約6mmとなります。

掃き出し窓
掃き出し窓
大きな窓に設置する場合は、台数を分け、並べて設置してください。

正面付け(窓枠の正面に取付けること)

図

製品幅は窓枠の外側寸法を測ってください。

窓枠と製品との隙間や光漏れが気になる方は、窓枠外側寸法に、左右各 20mm 程度多めに加えることをおすすめします。
ただし、周りに障害物がないことを必ず確認してください。


製品高さは窓枠の外側寸法を測ってください。 お好みの寸法を加えることもできます。
※ 大きな窓に複数台並べて設置する場合は、2台の間に5mmの隙間を開けて設置して下さい。

壁面付け(窓枠の上の壁面に取付けること)

図

製品幅は窓枠の外側寸法を測ってください。
お好みの寸法を加えることもできます。

窓枠と製品との隙間や光漏れが気になる方は、窓枠外側寸法に、左右各 20mm 程度多めに加えることをおすすめします。
ただし、周りに障害物がないことを必ず確認してください。


製品高さは取付け位置から窓枠の外側寸法まで測ってください。お好みの寸法を加えることもできます。
(取付け位置の高さ制限は商品別により異なりますので取付けタイプのご紹介ページをご参考ください)

※ 大きな窓に複数台並べて設置する場合は、2台の間に5mmの隙間を開けて設置して下さい。

壁面採寸取付時の注意
■ブラケットスベーサー使用数 

壁面に取付ける場合は、下記のことを確認してください。

壁面と窓枠に段差があるかどうかをチェックしてください。 壁面と窓枠に段差がある場合は、それを解消するために、ブラケットスベーサーの使用が必要になります。 オプションで選んでください。

ブラケットスベーサーの組み合わせは最大3連までです。 それ以上必要な場合は、壁面付け以外の取付け方法をお選びください。

壁面採寸取付時の注意
■内開きの窓・網戸がある場合や、窓枠上に製品を収めたい場合のご注文サイズについて 

内開きの窓・網戸(図1)がある場合や、窓枠上に製品を収めたい場合(図2)は、採寸と取付けの際、畳代とブラインドを設置する高さにご注意ください。

内開きの窓・網戸がある場合や、窓枠上に製品を収めたい場合

内開きの窓・網戸がある場合や、窓枠上に製品を収めたい場合
下記のボックスに該当箇所の寸法情報をご入力ください。畳代とご注文の高さが自動的に算出されます。
サイズをご入力ください (A)mm (B)mm (C)mm
※入力すると畳代とご注文の高さが表示されます。
操作メカ畳代(D)ご注文の高さ
ステンレスボールチェーン220mm
0mm
※ 当計算式の畳代(D)数値は+15mm~-(30)mmの誤差が生じる場合があります。
壁面採寸取付時の注意

カーテンボックス取付け (カーテンボックス内に取付けること)

図

製品幅はカーテンボックス内側寸法を測り、そこから 10mm 程度引いてください。
または、窓枠を覆う寸法を測ってください。

製品高さは取付け位置(カーテンボックス天井面)から窓枠の外側寸法を測ってください。
お好みの寸法を加えることもできます。

※ 大きな窓に複数台並べて設置する場合は、2台の間に5mmの隙間を開けて設置して下さい。