• 特長・デザイン
  • レビュー
  • カラー
  • 仕様
  • 採寸/取付
  • 価格表
カスタマイズ・見積もり

ブラインド/シェードにはいくつかの取付けタイプがあり、それぞれ異なった特徴を持っています。
お部屋の窓にふさわしい取り付けタイプをお選びください。

正面付け(窓枠の正面に取付けること)
正面付け(窓枠の正面に取付けること)
  • 窓枠正面付けは、窓枠の正面にブラインド/シェードを取付けるため、光漏れが少ないのが特長です。
  • ただし、ブラインド/シェードは、窓からはみ出す形となります。
正面付け(窓枠の正面に取付けること)

設定された条件 木質窓枠の高さの制限

高さの制限
スクリーンスタイル 操作メカ 窓枠天井付け
セルタイプ
45mm
シングル
25mm
シングル
38mm
ダブル
シングルスクリーン コードタイプ 20 15 22
上下コードタイプ 20 15 22
ループコードタイプ 29 29 29
コードレスタイプ 29 29 29
上下コードレスタイプ 29 29 29
ツインスクリーン コードタイプ 20 15 22
コードレスタイプ 29 29 29
ループコードタイプ 29 29 29
取付けの側面図

障害物がないことをご確認ください。

障害物がないことをご確認ください。
外に突出した取っ手などがある場合は、ブラインド・シェードの昇降を妨げます。取っ手が窓枠から突出するかどうかをご確認ください。

内側に開く窓や網戸があるかをご確認ください。

内側に開く窓や網戸がある場合は、図のようにブラインド・シェードを収めると、扉の開閉時の支障になります。
(設置位置や畳代をご確認ください。)

内側に開く窓や網戸があるかをご確認ください。

窓枠の材質をご確認ください。

窓枠の材質をご確認ください。
ネジを打ち込むため、窓枠の内側の材質が木材でできていること(金属では打ち込めず、石膏ボードでは十分な強度がありません)。