アルミブラインド取付タイプのご紹介採寸方法|取付方法|よくある失敗事例

  • 特長・デザイン
  • レビュー
  • カラー
  • 仕様
  • 採寸/取付
  • 価格表
カスタマイズ・見積もり

取付けの種類

種類

取付け手順は次のステップ1からステップ3の順に取付けてください。

ブラケットを取付けます。

•最初に両端のブラケット取付け位置を決めて、ブラケットをヘッドレールの両端部から約8~10cm内側に両面テープで仮止めしてください。各ブラケットが左右平行(水平)になるようにして、取付けネジでしっかりと固定してください。(下記の図をご参考ください)

•ブラケットを3個以上使用する場合は、中間のブラケットの間隔が均等になるようにしてください。

窓枠天井付け(窓枠の内側に取付ける)

図

窓枠天井付け(障子戸に取付け)

図
step 1
ブラケットが1点以上の平面に支えられることを確認してからネジを図のように凸部にまわしてください。
step 2
ブラケット3個以上の場合は等間隔に設置してください。

窓枠正面付け(窓枠の正面に取付ける)

図

壁面付け(窓枠の上の壁面に取付ける場合)

図

カーテンボックス取付け(カーテンボックスの中に取付ける場合)

図

ブラケットスペーサーを使用する壁面付けの場合は、取付け箇所にブラケットスペーサーを両面テープで仮止めしてください。
ブラケットを左右平行(水平)に採寸された高さと同じ高さの位置に取付けてください。

ブラインド本体を取付けます。

図

ヘッドレール下側をブラケット下側のツメに引っ掛けて、ヘッドレールを矢印の方向に「カチッ」と音がするまで押し込んで固定してください。

ご注意ください

製品本体を取付けるときは、本体がブラケットにしっかり固定されているかを必ず確認してください。
取付けが不完全ですと製品が落下して、ケガや物が破損する原因となる恐れがあります。

商品の幅が短い場合、取付け時にヘッドレールがしなり難しい状況もございます。その場合は強めに押し込んでください。ハンマー等叩くとブラケットが変形し、取付けが困難になる場合がございます。

ブラインド本体の取外し方

マイナスドライバーでブラケットの前側の隙間に差し込んで、図1~4の手順でヘッドレールの前側に掛かっているツメを外します。

図

ヘッドレールを5の方向へ取り外しブラインドをブラケットから取り出します。

図

ご注意ください

ブラケットからブラインド本体を取り外す際は、必ず本体を手で支えながら作業してください。

コードフックを取付けます。

コードタイプ

(1)コードフックの取付け位置を決めます。
(ブラインドの操作に支障がない場合は、窓枠の内側でも外側でもコードフックの取付けができます。なお、コードフックは必ずお子様の手の届かない位置に取り付けてください。)

(2)コードフックネジで取付けてください。※コードフックネジは、木部用です。

図

その他の取付方法

コードフックを取付けるスペースがない場合、または取付ける下地が木材ではない場合は、図のようにクリップのようなものでコード・チェーンを固定するとお薦めします。

図

ご注意ください

お子様をコード(チェーン)等で遊ばせないでください。
コード(チェーン)等が首や体に巻付くなどして事故を招く恐れがありますのでご注意ください。
操作をしない時は、お子様の手が届かない位置でコードを束ねて、コード(チェーン)をフックに固定してください。

  • お手入れ方法のご紹介
  • 選べる操作メカのご紹介